上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
皆さんは、揚げ物を揚げるときにどんな工夫をしていますか?
美味しくカッリッと揚げたいと思うのは誰もが共通した想いです。そこで今日は日本料理の
2度箸を伝授しましょう。
で、その前に基本となる揚げ物のおさらいをしましょう。
第一に使う油は鮮度のよいものでしょうか。もし前回の使いかけ(1週間たったものは感心しませんが、もし持ち越すなら、最後にうめぼしの果肉をいれておくと酸化が防げます)
次に揚げるときに鍋にどのくらいの量を入れますか?見た感じで用ですが鍋の大きさの6割程度が無難です。それ以上だと揚げ温度が極端に下がりカリッとしません。
揚げる食材の順序決めていますか。たとえば、天ぷらなら野菜を先に揚げて次にえび等魚、そしてかき揚げなど(ホタテや)貝類は最後にしてください。ただし舞茸だけは色が油に流れるので最後のほうが無難です。
***そして今日のテーマの2度箸の説明です。***
わかりやすく海老の天ぷらで説明しましょう。海老のてんぷらが揚がりました。そのとき、1度目の箸は海老を挟み上下にシュッシュッと箸を振り油きりをします。
次に2度目の箸は揚げる受け台に必ず横に寝かさないで縦に(海老なら、赤い尾を真上にして)立てかけます。海老フライでもカキフライでも、豚カツは白い油の面を下にして。というように。そして必ず1分間は触らないで、置いてください。そのことで油きりが出来ます。
どうでしたか?たぶんやっている方もいると思いますが、2度箸のテクニック。参考にしていただければ幸いです。では今日はこの辺で!
スポンサーサイト
2009.01.13 / Top↑
新年明けましておめでとうございます。
しばらくの間、記事も書かなくて申し訳ありません。今年は、1週間に1回程度掲載させていただきますので、たまには、遊びに来てくださいね。
 さて、そろそろ正月のおせち料理も飽きて、又、来週の月曜日あたりから、仕事初めではないでしょうか。そこで今日、我が家でも作りました簡単あっさり鍋をご紹介いたします。
 今日のお鍋は、あっさりワンタン鍋です。材料は、ベースとなるのは、
ワンタンの具・・・ワンタンの皮、30枚いり1袋、豚挽き肉100g、長ネギのみじんきり50g位、塩、ゴマ油5cc位。片栗粉5g位、これをよく混ぜて四角のワンタンの皮をあわせ肉5g位を三角でもしかくでもよいので、包み具財の準備。
 そして鍋に、ラーメンのスープ(しょうゆ味がいいかも)いれて、正月に残っていた、かまぼこや、大根、にんじん、ながねぎ、小松菜、白菜、きのこ、残り物を入れて一煮立ちしたら、食卓にガスコンロを置き、食べる分を何回かに分けて入れていきます。2分位で浮いてきたらスープ野菜(好みで黒こしょう・キムチの素。唐辛子)を振り熱々を食べていきます。
 そして〆にネギを笹きりして生ラーメンや、もちをうすきりしたりしていれ溶き卵を絡めて召し上がります。すごく簡単ですが、口当たりが、さっぱりして、胃にやさしくて残り物も処分でき経済的です。入れるものは、決まりはないですので、是非試してみたらいかがでしょうか。では今日はこの辺で!
2009.01.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。